12日は、飛騨組の僧侶研修会。「災害と人権」の学び。

12日は、飛騨市のさくら物産館へ。
飛騨組の僧侶研修会に参加してきました。
今年の研修は、「災害と人権」というテーマで、本願寺社会部の三輪さんにお越しいただきました。
三輪さんは、かつての研修部(今の門信徒教化部)でお世話になっていたのですが、今回、私より年下だったことが判明!!
いや、てっきり、年上だとばっかり思ってましたよ。まあ、私の勝手な思い込みだったんですけどね。(^_^;)
かつての東日本大震災での経験を通して、あるいは阪神淡路大震災のことも含めて、いざという時にどのような対処をしていくことが大切なのか、学びを深めることができました。
まだまだ知らないこともたくさんあります。災害というのは、明日は我が身ですから、他人事と思わず、きちんと向き合って行ければと思います。

(4)