12〜16日は、京都の会議&名古屋別院常例法座へ。

12日は、朝からクルマで京都へ。
13日にかけて、本願寺で行われた会議に出席。
また、12日の晩は、布教使課程で一緒に頑張った講師や仲間たちと、ねぎらいのひととき。
また、来年度に向けての最初の打合せも行われました。

13日の夕方には、名古屋別院へ移動。
14〜16日の3日間、常例法座で、永代経のご縁となります。
4年ぶりの布教のご縁となりました。

木枯らし1号が吹き、寒さ厳しい中、たくさんのご門徒さんがお参り下さいました。
14日は、別院清掃奉仕団の方がたくさん起こしになり、お聴聞もして行かれました。久しぶりの再会となった門徒推進員さんもおられ、ありがたいひとときとなりました。
15日は、永代経開闢法要もおつとまりとなり、御輪番自ら導師をされ、ご遺族のご門徒さんが参列。
引き続き、ご法話のお聴聞もされました。こちらにも、旧知の門徒推進員さんがお参り下さりました。

16日のお朝事のあとは、ご門徒さんと一緒に朝粥をいただきました。
岐阜別院でも、毎月16日に振る舞っていますが、こういう伝統は、ぜひ継続していただけると嬉しいですね。(*^_^*)

帰ったら、17日は神通寺の定例法座となります。
休む間はありませんが、温かいおでんを用意して、皆さまのお参りをお待ちいたしております。(*^_^*)

(4)