14日は、岐厚組の連研へ。「非戦・平和」がテーマ。

夕方に、岐阜別院へ到着。
3ヶ月連続で、岐厚組さんの連研スタッフとしてお手伝いに伺います。
夕暮れの水場から、本堂をパチリ。


岐厚組の連研は、数名の講師が順番に担当する形を取っておられ、
私は、12回のうち、10〜12回の話し合い法座を担当。
今月は、問いの10「戦争をなくし、平和を築きあげるにはどうしたらよいですか。」について、話し合い法座が行われました。

戦死された方、送り出した家族の方、70年以上経った今の私。
いろんな方の立場を考えながら、その気持ちについて話し合いました。
また、栄誉の戦死という受け止め方についても、どんな背景があるのかについて語り合いました。
そこから、私たちの教団が歩んできた現実を見つめ、歩むべき方向について共に考える、尊いひとときを過ごしました。
9月18日は、千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要が営まれます。
その背景にある、阿弥陀さまのお慈悲についてもお取り次ぎ。
少しでも、阿弥陀さまのお慈悲にかなう生き方をめざしていきたいですね。

(16)