1日は高山善光寺さんで英語法話。2日は飛騨古川真宗寺さんで暁天講座。

画像

1日の朝は、近隣の高山善光寺さんへ。
こちらは浄土宗の寺院ですが、面白いご縁をいただきました。
現在はお寺の活動を休止して、外国人メインの宿坊施設としてリニューアルし、この七月から再スタートした善光寺さん。
定期的に、朝のおつとめとご法話をお願いできないか、との依頼です。
住職のお嬢さんが、浄土宗僧侶として修行のみであり、それが済んで帰ってこられるまでの間、ピンチヒッター的な感じでお受けしました。
ご法話は、「いただきます」というテーマで、私が日本語で話しながら、隣で通訳さんが英語でお話ししてくださいます。
それが済んだ後、質疑応答をしながら、参拝者と共にお参りしました。

今回は、東海テレビ系列の取材も入り、インタビューも受けました。
どうやら、最近のお寺事情を特集した番組を作る中で、ちょっと変わった方向性として、宿坊としての可能性を紹介するみたいです。
私は、あまりテレビ局の期待に添えるようなコメントしてないから、番組ではカットされてるかもね。(*^_^*)

で、2日の早朝は、飛騨古川の真宗寺さんで、暁天講座へ。
昨日1日は、本巣の高田篤敬さんがお越し下さり、2日は地元の私が担当。
「今ここでの救い」というテーマでお取り次ぎしました。
5時半のおつとめという、早い時間にもかかわらず、40名を超える方がご参拝下さいました。
皆さん、早起きは苦にならないんですね。私は結構大変でしたが・・・。(^_^;)
尊い朝のひとときを過ごすことができました。

(32)