三寺まいりで有名な巨大ロウソクのもと、飛騨組のれんけんを開催。

画像

26日は、飛騨組のれんけんが開催されました。
第6期、2回目の話し合い法座となります。
会場は、三寺まいりで有名な、飛騨古川の本光寺さん。
手作りの巨大ロウソクも、本堂に安置してあります。
そんな中、20名の門徒さんと、14名のスタッフが集まり、話し合い法座が行われました。
th_IMG_3975

まずは、夕食からスタート。
一緒にお弁当をいただき、リラックスしたところから始まります。
th_IMG_3971

仏事作法の時間には、合掌・礼拝の作法や、焼香の作法、そしてお仏壇のお荘厳などについて学びました。
私たちの作法に込められた願いや、み教えの意味なども踏まえ、大切に聞かせてもらいました。
th_IMG_3972

そして話し合い法座へ。
連研ノートEの、問い2にあるテーマは、「葬儀や法事は何のためにするのですか。」
参加者の皆さん、真摯に話し合っていただいたように思います。
他人事ではなく、ご自身や家族のこととして、向き合って下さっているのがよくわかりました。
本当に貴い時間となりました。
th_IMG_3974

(331)