23日は、飛騨組のれんけん。本光寺さんにて。

画像

23日の夕方は、飛騨市古川町の本光寺さんへ。
飛騨組のれんけんが開催されました。
20名の参加者と共に、第4回の開催です。

食事とおつとめのあとは、仏事作法と正信偈の練習。
担当は、真宗寺の三島住職。
たまに笑いを入れながらも、丁寧に練習していきます。
ご門徒さんと一緒におつとめの練習をしてみると、
あらためて、私たち僧侶の読み方にも、独特のクセが染みついているなあ、と実感しますね。
th_IMG_4487

引き続き、話し合い法座となります。
第4回のテーマは、「他人からどう思われているのか気になって仕方ありません。」
3つの班に分かれて、話し合いが行われました。
th_IMG_4489

法座を担当したのは、本龍寺若院の田中くん。
自分の体験を交えながら、他人の目が気になる人への理解が深まってほしいと話してくれました。

参加者の皆さんは、4回目の話し合い法座で、だいぶリラックスして話し合いをして下さるようになりましたね。
これからもテーマを変えながら、どんどんと話し合い法座が続いていきます。
参加者もスタッフも、共に聞き合い、頷き合いながら、れんけんを続けて行ければと思います。
th_IMG_4491

(62)