26〜30日は、第252回中央教修へ。37名の門徒推進員さんが誕生。

画像

トンボ返りのようにして、今度は5日間、京都へ。
第252回 門徒推進員中央教修のスタッフとして、本願寺の聞法会館へお出かけです。
全国から集まった、37名の門徒さんたちと、濃い日々を過ごしました。

今回は、法座3「御同朋の社会とは〈差別〉」を担当。
私たち教団の過去を知り、ともに今を歩みながら、めざすべき未来を確認しました。

最終日の懇親会では、濃密な日々を振り返りながらの歓談。

仏教讃歌の時間に習った音頭を踊りながら、みんなで盛り上がりました。
気に入った方は、地元に帰られてから皆さんにお勧め下さるそうです。

ちょうど、総会所では、藤榮さんがご講師できておられたので、しばしのお聴聞。
とはいうものの、日頃の寝不足と最終日のアルコールで、お聴聞という名のうたた寝でしたが。(^_^;)
途中休憩までで、そのあと帰途につきました。

高山へ帰ったら、そのまま八角亭へ。
かっちゃんから、ホンズくんが帰ってきてるからご一緒に、とのお誘い。
9時過ぎからの途中合流でしたが、楽しいひとときを過ごしました。
毎度の「うなぎなう」で、美味しい熱燗を堪能しましたよ。(*^_^*)

(53)