29日は、津市久居の大乗寺さんにて、報恩講のご縁。

画像

先週末に引き続き、今週末も、なぜか台風の襲来。
風雨強まる中、津市久居の大乗寺さんにて、報恩講のご縁をいただきました。
3時間半の行程を経て、会所に到着。
この時点では、まだ警報は出ておらず、注意報のみの発令中。

しかし、だんだんと雨脚は強くなり、本格的な大雨に・・・。(^_^;)

午後1時からのおつとめに先立ち、仏教讃歌の演奏会が行われました。
バイオリンとキーボードの演奏で、4曲を披露。
坊守の鮎子さんつながりで、毎年ご法座で演奏会を開催して下さっています。
本堂での演奏会、とても心温まりますよね。

今回のご法話は、「聞くことは信心なり」。
阿弥陀様のお慈悲のぬくもり、そして親鸞聖人のお徳を偲びながら、お取り次ぎ致しました。
熱心なご門徒さんとの再会、とてもありがたいご縁でした。

帰りは、暴風雨と渋滞の中、何とか無事に帰宅しました。
どうやら今年は、「嵐を呼ぶ男」になってしまったかも知れません。(^_^;)

(10)