28日は飛騨組れんけん。「私だけが幸せでよいのでしょうか。」

飛騨組の第7期れんけんも、後半に入りました。
後期の会場は、自坊である神通寺となっています。
本堂と広間を会場として、ご門徒さんたちと共に話し合い法座のひととき。
話し合い法座の7回目は、「私だけが幸せでよいのでしょうか。」
2班に分かれて、参加者の思いを聞かせていただきました。

今回の講師を担当したのは、住職になったばかりの、願念寺 西森さん。
事前にキチンとレジュメを用意して、その内容に沿った形で問題提起やまとめのご法話をしていただきました。
阿弥陀さまのお慈悲のはたらきは、苦悩を抱えた私のために南無阿弥陀仏となって私を喚び続けて下さっていますよ。
そのお心をいただきながら、少しでも阿弥陀様のお慈悲にかなう生き方をめざしていきたいという思いを、共有するひとときとなりました。

次回は、髙岡教区の林さんをご講師に迎えて開催されます。
こちらも楽しみにしたいと思います。

(39)