5日は、桑名の聞光寺さんにて、天岸浄圓先生の勉強会。

画像

京都出張の間を縫うようにして、桑名市の聞光寺さんへ。
5日は、年に2回の、天岸浄圓先生の勉強会が開催されました。

今回は、行文類の中、「称名破満」のところを中心にお話しくださいました。
特に、善導大師〜法然聖人〜親鸞聖人という系譜の中で引き継がれた、
行信不二の受け止め方について、徹底的に掘り下げてくださいました。
非常に奥深く、熱のこもったご講義でした。
「念仏者の生き方」というテーマにも関わるお話で、すごく考えさせられますね。

三重県を中心に、多くの参加者が毎回集まられます。
今回は、蒸し暑い中での開催ということで、先生も生徒も、布袍を脱いでのご講義。
ほんとは、このあとのお泊まり懇親会も楽しみにしてたのですが、
翌朝のお仕事が早いので、後ろ髪を引かれる思いで会場を後にしました。
次回は来年2月、また楽しみにしたいと思います。

(48)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です