14日は、岐阜別院にて、れんけん部会。

画像

京都での長期出張を終え、帰りの途中で、岐阜別院へお立ち寄り。
ちょうど、れんけん部会が開催されていました。
手洗いの龍の彫刻から、本堂をバックにパチリ。

参加者から言われてその通りだな、と思ったのは、
今から10年ほど前は、話し合い法座について、みんな真剣に取り組んでいたな、ということ。
れんけんの研修会では、30名を超える参加者が、班別に分かれて、話し合い法座のやり方についてあれこれと取り組んでいました。
今、それだけの情熱が残っているかと言われると、本当に恥ずかしい思いもあります。
10月に開催予定の「連研のための研究会」では、そのあたりのことを問い直しながら、多くの関係者と実りある研修にできたら、と思います。

帰り際、門徒推進員さんから、実家宮崎のお土産をいただきました。
ありがたく頂戴しました。いつもごちそうさまです。(*^_^*)

(23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です