近隣寺院の真光寺さん報恩講へ。ご講師は、若坊守の兄、郡上の巣河さん。

画像

23〜24日は、近隣寺院の真光寺産報恩講にお参り。
23日のご講師は、郡上市明宝の、巣河さんです。
真光寺若坊守の実家で住職をされている実兄でもあります。
ただ、現在は神戸龍谷高校の教員をしておられ、神戸市在住とのこと。
今回は、飛騨高山までお越し下さいました。

昼座は、「親鸞一人がためなりけり」、午後は「恩徳讃」をテーマにお取り次ぎ下さいました。
教員らしく、スジの通った、理路整然としたご法話でした。
ご本人の真面目な性格も、ご法話に滲み出ていました。
ありがたいご縁をいただきました。
あとは、関西独特の「笑える」要素が途中で入ると、マジメな部分がもっと活きるかもしれませんね。
不真面目な私は、ついそんなことを感じてしまうのでありました。(^_^;)

(70)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です