3月10〜11日は、東近江市の浄光寺さんにて、永代経法要のご縁。

画像

3月第2週は、滋賀県東近江市の浄光寺さんにて、春季永代経のご縁をいただきました。
今回が、初めてのご縁となります。
熱心なご門徒さんたちがお待ちくださるご本堂にて、4座のお取り次ぎをいたしました。

こちらのご住職は、伝道院や行信教校で指導をしておられる、藤澤信照先生。
さすがに藤澤先生のお膝元だけあって、ご門徒さんもご一緒に、三部経のおつとめを唱和しておられます。
正信偈の同朋唱和はお聞きしますが、三部経を一緒におつとめされるところは、少ないのではないでしょうか。

若院の彰祐くんには、お初のご対面となりました。
弟さんの顕浄くんとは、昨年伝道院でご一緒させていただいたので、存じていましたが、お兄さんは初対面なんですよね。
それぞれタイプは違いますが、どちらも好青年。

お取り次ぎ2日目は、東日本大震災から7年目でもあります。
昼座のお取り次ぎの始まりに、全員で黙祷してから、お話しさせていただきました。

それにしても、ご法義の篤い地域というのは、本当に羨ましいですね。
私自身、尊い学びをさせていただきながらの2日間となりました。

来週は、豊橋の正太寺さんと、長野の西光寺さんにご縁をいただきます。
ご近隣の方は、ぜひお参り下さいませ。(*^_^*)

(25)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です