17日は神通寺定例法座。ちらし寿司を堪能。

画像

17日は、神通寺の定例法座。
午後1時と夕方7時の2座、お参り下さった皆さんと正信偈のおつとめから。
お彼岸近くとは言え、まだまだストーブが必要な冷え込みでした。

ご法話は、「限りなき光と寿の仏」。
次男の得度でのエピソードを交えながら、お取り次ぎしました。

お昼座は、引き続いての茶話会。
ちらし寿司をいただきながら、しばしの歓談。

夜座に続いては、懇親会となります。
昭和町の堀口さんからは、正信偈や蓮如上人のことについて学んだことを書いてきて下さり、
皆さんの前で発表して下さいました。
かなり専門的な内容でもあり、理解して下さった方はどれだけおられるでしょうか・・・。(^_^;)
でも、こういうご自身の学びを深めて行かれるのは、尊いことですね。

また、これからご門徒としてお付き合いしていきたいという、新規のご門徒さんもお参り下さいました。
ご門徒さん同士の親戚つながりではありますが、そういうご縁が広がるのはありがたいことです。
ぜひ、今後もお寺に足を運んでいただけるとありがたいですね。

今月は、ちらし寿司を用意して、皆さんに召し上がっていただきました。
錦糸タマゴもたっぷり用意して、美味しくいただきましたよ。
何より、たくさんのお仲間とともにいただく御食事は、とても美味しく感じられますよね。

来月は、山菜の天ぷらを用意して、お参りの皆さまをお待ちしております。
ぜひ、お腹をすかせてお参り下さいませ。

(35)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です