13〜16日は、本山常例に出講。

画像

昨年の秋彼岸以降、半年ぶりのご縁となりました。
西本願寺の常例布教にご縁をいただき、4日間の出講。

今回は、いつにも増して、たくさんのお知り合いがお参りに来て下さいました。
久しぶりにお会いするお顔もあり、懐かしいお方も。
また、現在ご縁をいただいている伝道院の若者たちも、夜座にこぞってお参り下さいました。
「拝読 浄土真宗のみ教え」をもとに、お取り次ぎをいたしました。
最終日の16日お晨朝は、宗祖ご命日により、漢音小経と、正信偈行譜。
だいぶ足がしびれましたが、我慢して頑張りました。(^_^;)
ご門主出座のおあさじは、緊張感が漂っていて、いつもと違う感じでしたね。

途中、休憩時間に、龍谷ミュージアムで特別展を拝観。
龍谷大学OB(親和会会員)は、会報を持参すると、無料で拝観できます。
実在されたお釈迦様の歴史、背景、時代、その後の変遷など、とても丁寧な展示でした。
また、手塚オサムさんの原画も展示してあり、貴重な資料を拝見できました。
そういえば、マンガの「ブッダ」、どっかにしまい込んじゃったみたいで、見当たらないなあ。探してみようっと。(*^_^*)

17日は、神通寺の定例法座です。
午後1時と午後7時、ご法座が勤まります。
終わったあとは、中華そばを振る舞いますので、お腹をすかせてお参り下さいませ。

(34)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です