11日は、岐阜別院で安方先生の本典学習会。

画像

11日も、午後から岐阜別院へ。
岐阜市内も、やっとで涼しさを感じられるようになりました。

毎月1回開催されている、本典学習会。
大阪の安方先生をお招きして行われています。
お仕事が重なって、ここ2ヶ月はいけませんでしたが、今月は参加できました。
今回は、信文類の最後、逆謗摂取釈を中心としてご講義をいただきました。

特に、涅槃経の引文に込められた親鸞聖人のお心はどこにあるのか、
阿闍世の救いが語られる中で、仏教以外の六師といわれる教えに帰依しなかった阿闍世のありようなど、
普段はほとんど読み込まないようなコアな部分について、詳しく学びました。
親鸞聖人は、顕浄土真実教行証文類に、とてつもなく深い思いを込めて下さっているのですね。

受講者が撮ってくれた写真もアップしました。
最前列で、マジメに受講してましたよ。(^_^;)

今年の学習会はこれで終了となり、
来年3月から、証文類のご講義が始まります。
できる限り参加したいと思っています。

(13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です