定例法座〜出張〜連研。怒濤の日々。

14〜15日の出張を終え、17日の定例法座をお迎え。
冬とは思えない雪の少なさを感じながらも、たくさんのご門徒さんたちがお参りにお越し下さいました。
正信偈をおつとめした後、住職よりご法話。

今月のご法話は、「真実の教え」。
「私はどうか?」という視点を大切にしながら、お取り次ぎしました。
ご法話の後は、おでんを堪能。
温かいおでんで、心も体も温まりましたよ。(*^_^*)

夜のご法座では、ホラグチさんから学びの成果をご披露いただきました。
日常の中で、浄土真宗のご法義に向き合っておられます。
こういうご門徒さんがおられるのは、本当にありがたいですね。

18〜22日は、京都の西本願寺へ。
門前の伝道院で、お仕事モードでした。
23日の朝は、法友がおあさじのご法話をしてくれると思って参拝したのですが、
覚如上人ご祥月命日につき、礼讃のおつとめと職員の讃嘆。
1時間半近くのおあさじ、内陣出勤は大変だったろうなあ。(^_^;)

23〜24日は、通称モダン寺、神戸別院へ。
元町商店街では、酒米による利き酒フェアをやっていましたが、後ろ髪を引かれる思いを絶ち切って、別院へ到着。
関西地区、第3連区の門徒推進員120名と共に、研鑽を積みました。

滋賀、京都、奈良、和歌山、そして兵庫教区の方がご参加です。
本堂も満員になりました。(*^_^*)

夕方の懇親会では、兵庫教区の門推さんと、寺院所属の保存会の皆さんによって、播州音頭の親鸞聖人バージョンをご披露。
歌詞は24番まであって、親鸞聖人のご生涯をたどっていく内容となっていました。
こういう音頭を披露していただけるのは、素晴らしいですね。

2次会もかなり深い仏法談義となり、とても有意義な時間を過ごすことができました。
24日午前中の全体会も貴い時間を頂戴し、お昼前にJRで高山へトンボ返り。
3時から開催の、飛騨組れんけんに参加です。

第6回、「神さまとは」というテーマで、担当講師は近隣寺院の若院、M嶋くん。
緊張しながらも、自らの言葉で問題提起とまとめをして下さいました。
終わったあとは、スタッフ6名にて懇親会。
若手が頑張って育ってくれるのは、本当に嬉しいことです。

(138)

Comments
  1. nakanisisayoko
    • asato52gou
  2. 兵庫教区神戸湊組行願寺門徒推進員 中西小夜子
    • asato52gou

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください