7日は、歓喜寺の報恩講法要へ。ご法話は森下広大さん。

7日は、神通寺の相焼香でもある、歓喜寺さんの報恩講法要へ。
ここは、ご住職が長年教員をされていたこともあり、4月の第1日曜に報恩講法要をおつとめされます。
お昼には、導師としておつとめをさせてもらいました。

引き続きのご法話は、真光寺若院の森下広大さん。
福祉施設に勤めておられる経験も含め、優しくお取り次ぎをいただきました。

歓喜寺のご住職も在任30年となり、そろそろ若院に交代を考えておられるとのこと。
だんだん、世代交代が進んでいきますね。
私も中堅やベテランの扱いを受けるようになって来たのかも知れません。
もう、若手じゃないのね。(^_^;)

(28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です