17日は定例法座で、おでんを堪能。

季節が遅いながらも、少しずつ秋の深まりと冬の訪れを感じるようになりました。
17日は、神通寺の定例法座です。
お参り下さったご門徒さんたちと、正信偈のお勤めをしたあと、住職よりご法話。

引き続き、あったかおでんをいただきました。
この時期は、身体が温まるものが食べたくなりますね。
しかも、大勢でいただくと、本当に美味しく感じられます。
大鍋に出来上がったおでんから、好きなネタを各自で取り分け。

いただいた栗を使った、栗ごはんと、滋賀県の同級生から送ってくれたお豆腐も、一緒にいただきました。
皆さん、ご法座で振る舞って下さいということで、わざわざ送って下さいます。
おかげで、美味しいひとときを過ごすことができました。

今回は、お孫さんを連れてのお参りもあり、参加者の平均年齢が少し下がりましたね。(^_^;)
おでんネタの中、特に「スジ煮込み」が好評だったようで、将来が楽しみです。

このあとの仏法談義もありがたい時間となり、その様子も、ご法話に反映しています。
生のやりとりの中で、ご法義の味わいが深まるのはありがたいですね。

(46)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください