神通寺報10月号をアップしました。ご法話は「如来のよび声」。

一気に寒さが増した17日、あわてて本堂にストーブを設置。
ご門徒の皆さまも、厚着でお参り下さいました。
お越しいただいた皆さんと、正信偈を唱和した後、住職よりご法話。
今月のご法話のテーマは「如来のよび声」。
FB仲間のやすだ(ひらの)しょうしんさんが、昨年投稿された「ご法話で親の喩えを用いることについて」という内容と、
布教使課程でご法話に向き合っておられるミトノリミチさんとのやりとりをベースに、今回のお取り次ぎをさせていただきました。
ご両人に、承諾をいただいた上で、神通寺報に掲載しております。

こちらのリンクから、カラー版PDFファイルにてご覧くださいませ。
2020年10月号 「如来のよび声」
お読みいただいたら、ご意見、ご感想をいただけると嬉しいです。

(130)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください