15〜16日は、四日市の西勝寺さん報恩講へ。

今回、初めてのご縁をいただいて、四日市の西勝寺さんへ伺いました。
先週の専琳寺さんに続き、三重県のお寺にご縁をいただいてます。
四日市インターを降りて少し走ると、立派な山門がお出迎えしてくださいました。

住職の山田さんとは、初対面となります。
近隣寺院の内田正祥さんたちとともに、長年、テレホン法話を続けておられるそうで、その後法話をまとめた冊子も頂戴しました。
また、昨年の布教使課程でご一緒した芝田くんも、参勤法中としてお参り。
山田住職曰く、若手のホープだそうで、ぜひ頑張っていただきたいです。(*^_^*)

夜座では、門徒推進員さんたちが中心となって、「灯火の集い」を開催。
暗くなった境内に、参道を照らす灯りと、ひとりずつが灯した「希」の文字。
例年であれば、本堂の中でロウソクの灯りのリレーをしていたそうですが、今年は新型コロナの影響で、参道の灯りだけになったそうです。
来年は復活すると良いですね。

3回のご法座では、「仏心とは大慈悲これなり」「人生そのものの問い」「私たちのちかい」のおとりつぎ。
ありがたいご法縁をいただきました。
お参り下さった皆さん、本当にありがとうございました。

(31)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください