3月7日、いなべ市明源寺さんへ。

ちょうど1年前も、毎年のように明源寺さんの春季永代経法座のご縁をいただいていたものの、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言発令により、ご法座が中止となってしまいました。
それから1年経ち、2日間の日程を短縮して、日曜日のみのご法座に限定して、永代経法要がおつとまりになりました。
というわけで、日帰りにて、2年ぶりの明源寺さんにお伺いです。

数年前の脳梗塞から復活された、ご就職の古寺さんは、息子さんと一緒に普段のお参りをこなしておられるとのこと。
優しい坊守さんとご一緒に、法務に向き合っておられます。
本堂では、多くのご門徒さんが、新型コロナ対策を施しながらお参り下さいました。
今回のご法話は「人生そのものの問い」です。
「拝読 浄土真宗のみ教え」を一緒に唱和して、そのお心を味わいました。

クルマを乗り換えて、あらためて遠出をしてみると、本当に運転が楽で、疲れなくなりましたね。
アイサイトは、特に高速道路でその威力を発揮してくれます。
車間距離、レーンキープ、安心して往復できました。
今後、京都も含めて、遠出をするのが楽しみになりますね。
もう少ししたら、冬タイヤも交換したいと思います。(*^_^*)

(50)

Comments
  1. みちのくからお念仏
  2. asato52gou

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください