4月1日は、善教寺さんで、東陽組連研。

本来であれば、昨年3月に行われるはずだった、東陽組第13期連研の、第10回。
新型コロナの影響で、1年間延期となってしまいました。
で、4月1日、なんとか再開となり、加茂郡川辺町の善教寺さんへ。
ご住職さんとは、連研でいつもお目にかかっていますけれど、当院へ伺うのは初めてとなります。
きれいに手入れされた境内、新築された門徒会館、静かな佇まいの本堂がお迎えくださいました。
ご住職は、自ら駐車場の整理係をされながら、参加者とスタッフを招き入れておられました。
夕方7時からの開催でしたが、6時過ぎには到着し、早めに参加者をお迎えします。

今回のテーマは、問いの10「戦争をなくし、平和を築きあげるにはどうしたらよいですか。」
時間の都合上、どうしても班別話し合いの時間が限られてしまうので、
話し合いのテーマを絞りながら、参加者のホンネを語っていただきました。
2班に別れて、門徒推進員のスタッフが司会をしてくださいます。
話し合い法座も、10回目となると、皆さんが「私の思い」を語ってくださるので、本当にありがたいです。

最後に、私からまとめをお話して、終了となりました。
近大マスクを着用してお話しするのも、ちょっと慣れたかな。
とにかく、感染予防対策はきちんとしながら、こういう研修をきちんと継続していきたいですね。

(23)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください